台風/大雪など悪天候時の扱い

異常気象等による登下校の判断基準

 1. その日の午前6時の時点で、多摩北部および多摩南部(下記参照)に、「暴風警報」「大雪警報」「暴風雪警報」が出ていた場合、生徒は自宅待機とする。

 2. 午前10時の時点で、警報が解除されていれば5時間目からの授業を行う。上記警報が引き続き出ていれば終日自宅学習とする。

※ ただし、登校に危険が予想される場合や、交通機関に乱れがある場合は、各自安全に配慮して、可能な範囲で登校すること。
その場合において、遅刻・欠席などの扱いは生徒の不利ににならないように配慮する。

     ■ 外部リンク ⇒ 気象庁:気象警報・注意報 : 東京都

多摩北部の範囲は次の各市

立川・武蔵野・三鷹・府中・昭島・調布・小金井・小平・東村山・国分寺・国立・狛江・東大和・清瀬・東久留米・武蔵村山・西東京

 

多摩南部の範囲は次の各市

八王子・日野・町田・多摩・稲城