サイトマップ

印刷

校章の由来・校歌

校章の由来

 

校章について -欅と松ー

府中高校の校章は本校に多く植栽されている松を背景に府中のシンボルの欅(けやき)の葉を意匠化したものです。

『欅は府中大国魂神社の並木として古来より育成する。枝葉を拓げて涼陰をなし冬は落葉し温陽を招き天光理順の性なり。松は本校各処に在り四季緑翠を保ち其の志操堅固也。この双つ本校の永世の平安を占ふに相応たりといわれる。』

 

府中高等学校校歌


成田 武雄 作詞  大木 惇夫 補作   乗松 明広 作曲

1. 白妙の 富士の高嶺に
   啓しあり 望み明かるし
   府中高校 若人われら
   人の世の あけぼのに
   汲み交わす 知識の泉
     いざ友よ 未来を指して
     かざさばや 文化の旗を


2. 武蔵野の 梅が香に立つ
   誉まれあり 誠つらぬく
   府中高校 若人われら
   かがやける 青空に
   呼びあうは 心のこだま
     いざ友よ 苦難に耐えて
     示さばや 歴史の蹟を


3. 清らけき 多摩の流れは
   たゆみなし 励み努むる
   府中高校 若人われら
   美しき 夕星に
   聴くものは 久遠の理想
     いざ友よ 世界の海に
     懸けましや 平和の虹を

(昭和39年制定)
 
〒183-0051 東京都府中市栄町三丁目3番1号
電話 : 042-364-8411 ファクシミリ : 042-360-0064